Contact Us

Use the form on the right to contact us.

You can edit the text in this area, and change where the contact form on the right submits to, by entering edit mode using the modes on the bottom right. 

           

123 Street Avenue, City Town, 99999

(123) 555-6789

email@address.com

 

You can set your address, phone number, email and site description in the settings tab.
Link to read me page with more information.

Blog

Praesent commodo cursus magna, vel scelerisque nisl consectetur et. Curabitur blandit tempus porttitor. Fusce dapibus, tellus ac cursus commodo, tortor mauris condimentum nibh, ut fermentum massa justo sit amet risus. Cras mattis consectetur purus sit amet fermentum. Cras mattis consectetur purus sit amet fermentum.

 

Kontaiji Temple Retreat

Ty Burhoe

 

Welcome back my friends, This year's Kontaiji Temple Retreat was fantastic. It was perfect weather and we had an amazing group of people come up to join us. Here is an over view of our time together.
タイのブログにおかえりなさ~い。今年の金胎寺でのリトリートは成功におさまりました。天候にも恵まれ、素晴らしい方々が参加してくれました。それではそのまとめを書いていきたいと思います。
There are certain places in the world where the land itself aids in the unlocking of your awareness and the fresh air of hope in our lives. I feel that Kontaiji Temple and the mountain area on which it sits is such a place for me. So to be able to host retreats there every year is an honor and a dream come true.
この世界にはその土地自体が、私たちの感性を研ぎ澄まし、新鮮な風と希望を感じさせてくれるところがあります。 金胎寺はその一つだと思います。なのでそのような場所でリトリートを開催させて頂くことは、本当に光栄であり夢のようなことです。
When you first arrive in the country around Kontaiji, you find your self in the beautiful tea farming areas from which the Kyoto green teas are grown. The tea fields are so lush and beautifully kept, it totally renews ones craving for green tea. And as you might know, the partner I have in doing these retreats is Obubu Tea run by Matsumoto and Kaori Yasuharu. You must order some of their amazing teas! My favorite is the ceremony tea called Macha, which is the green powdered tea. WOW!
金胎寺を囲む山々に着くと、京都の緑茶が栽培されている美しい茶畑が目に入ってきます。茶畑は青々とみずみずしく茂っており、緑茶好きにはなられずにおられません。そしてもうご存知の方も多いかと思いますが、このリトリートを一緒に開催しているパートナーの松本さんと奥さんのかおりさんは、おぶぶ茶苑を経営されています。彼らの美味しいお茶を是非試飲してみてくださいね!私の一番のお気に入りは抹茶です。

Green tea fields on the way to Kontaiji Temple
金胎寺の周りの茶畑

 

Then as you reach higher into the mountain, the road narrows and begins to look like a 12th century horse trail. Of course the tiny cars in Japan (which are awesome) are about the right size for these roads. And as you no longer see power lines and your cell phones stop working and the road ways look hand made, you begin to realize that you are basically going back in time.
山の上の方へ上がるにつれ、道路は狭くなり、まるで12世紀の馬が通っていたような道に見えてきます。勿論、日本の小さな(とても効率の良い)車はこのような道でも運転することが出来ます。電柱柱が見えなくなり、携帯電話が圏外と表示されるようになり、道が手作りのように見えてくると、まるで時代を遡っているような気さえしてきます。

The road to Kontaiji Temple
金胎寺への道のり

 

Kontaiji was a temple built nearly 1800 years ago and was most likely used as a sacred gathering place before that. It went through many transformations over the centuries, but was considered the protector of Kyoto city and the royalty there. The mountain itself was used as a training ground for the mountain monks and for the samurai warriors from all over Japan. There are sacred waterfalls which have pure and cold waters coming right out of the side of the mountain. These waterfalls and steep cliffs and wild forests were perfect training grounds for the warrior of the battle field and the warrior of the heart. And these monks still live out there, using these sites for their training to this day. There is even a shrine on the property where some of the Buddha's bones are kept - this is one of a very few sites where this was allowed world wide.
金胎寺は1800年ほど前に建てられ、建てられる前のその土地は、神聖な集まりに使われていたようです。世紀を通し様々な変化を遂げましたが、京都の町や貴族の守り寺として大切にされてきたと聞きます。金胎寺を囲む山々は僧侶たちの修行に使われ、また侍たちもその山中で訓練したと聞きます。滝や険しい崖、そして人手の入っていない森は武士たちにとって格好の特訓場所だったのでしょう。今現在も僧侶たちはこの辺りを修行の場として使っています。そして周辺には舎利(仏陀の遺骨の一部)が納められていた寺もあったそうで、それは世界中でも稀なことです。

Entrance to Kontaiji Temple
金胎寺への入り口


As you walk up to the temple through the beautiful gardens
美しい庭園を通っていくと・・・


The view from the temple brings a deep peace to ones heart
この眺めは心に平安をもたらしてくれます

 

This year I was blessed to be joined by Noriko Takei, a Shivananda Yoga instructor in the Kyoto area. She lead the group in some wonderful yoga classes several times during the retreat. She is graceful and deeply devoted to the path of yoga. It was inspiring to be able to accompany her classes with my tabla and get some bending in myself (which I really needed!!!). She was sensitive to the quality of our surroundings and the sacred nature of Kontaiji, and she worked very well with the topic of sound and music, which made it easy to toss the ball back and forth between our classes.
今年のリトリートでは、シバンダヨガインストラクターの武井典子さんに講師として参加して頂きました。リトリート開催中、素晴らしいクラスを指導して頂きました。優雅でヨガの道へ深く一身を捧げている方です。彼女のクラスにタブラと共に同伴させて頂き、私も少しヨガをする時間が取れました。(私の体にとって、必要でした!)彼女は私たちの周りの環境や金胎寺の神聖さに敏感で、音と音楽に通じるものがあったため、彼女と私のクラスのに参加されている方々がクラスからクラスへスムーズに移行できたようで、それは有難いことでした。

Ty and Noriko-sensei in the courtyard of Kontaiji Temple
タイと典子先生

 

Our orientation for all the participants took place under the great ceremonial tree growing above the temple grounds. We did some yoga and tuning in with the land and surrounding nature. A very special way to begin the retreat.
リトリートの初めのオリエンテーションは、ある祭礼のために使われる大きな木の下で行われました。その木は優しく金胎寺を囲んでいるように立っていました。そこで少しのヨガをし、土地と周りの自然に「聴き入り」ました。リトリートを始めるにはこの上ない環境でした。

The group in meditation under the sacred tree
その木の下で瞑想をしている参加者の方々


Matsumoto Yasuharu (manager of Obubu Tea) 
in sitting meditation
おぶぶ茶苑のマネージャーである松本靖治

 

Then, following our orientation, we came down to find our dinner ready. Oishi-so (Yummy). The food prepared at the temple is considered temple style food. Very simple and healthy, yet very delicious. Preparation and presentation are both very important since it is their belief that how one perceives and honors food is as important as what is in it.
そしてオリエンテーションの後は、私たちの夕食が用意されていました。とても美味しそうでしょ?このリトリートで用意された食べ物は、シンプルでとても健康に良いもので、そして美味しいものでした。 用意する過程とそれをお皿に盛る過程は大切にされています。実際に口に運ぶものの内容(質)と同様に、それまでのプロセスは同じくらい大事なことだからです。

The temple style meal at Kontaiji Temple
お寺スタイルの食事


We ate traditional style the first night in the entry room of the temple
on the tatami mats (soft bamboo tiles which create the floor)
畳の上で皆で座って食べました

 

The next morning we took a long hike down the mountain lead by the head Priest of the temple, Kanji Okada. He took us down through the upper tea fields and around the river springs to the sacred training water falls that these mountains are famed for.
翌朝はお寺の住職である岡田さんに先導してもらい、山中をしばらくの間歩いて行きました。茶畑の中を通り、 川の湧水地を回りこみ、神聖な滝水の修行場所へたどりつきました。

Hiking down the mountain side, tea fields in the distance
茶畑が遠くに見えます


Kanji-san giving us lessons on the spiritual significance
of certain sites along the way
岡田さんがそれぞれの神聖な意味合いのある場所にて、説明をしてくださいました

 

When we arrived at the waterfall, it was obvious that this was an ancient and very sacred place. There were old carvings and statues in the waterfall rocks and prayer ropes and flags amongst the trees. But more stunning, was the vibration of the place. It had a feeling of purity and freedom while also demanding a certain serious presence of mind - I could see why it was used for training all these centuries.
滝に着いたとき、それは古くとても神聖な場所であることは一目瞭然でした。古い彫りや彫像が置かれ、祈りの紐や旗が木々の中をはためいていました。その中でも特に顕著だったのは、その場所が発するバイブレーションでした。清廉さと解放感がひしひしと感じられる中、真剣な心の持ちようが必要とされていることを感じました。何世紀にも渡り、この場所が鍛錬の場として使われてきたのかがよく分かりました。
The head Priest Kanji-san went first and chanted some very intense mantra for a couple of minutes under the cold falls. It was so inspiring to see the lineage of training in action. He is an amazing and powerful being, truly in tune with the mountain spirits and the lineage which he carries.
岡田さんがまず初めに入り、冷たい滝水の下、数分の間神妙なマントラを唱えました。伝統的修行行のその一角を目の前にすることは、とても鼓舞されるものでした。彼は気高い、パワフルな人物です。山のスピリットと一つであり、彼の代に伝わる累々たる系譜と一つであります。

Head Priest Kanji-san chanting in the waterfall
滝水の中でマントラを唱える岡田さん

 

Then he had us do the training ourselves using a special chant which he gave us. The water was chilly and to do hour long chants while maintaining complete focus would indeed be a challenge, but to do this on January 1st when there is snow and ice covering the rocks and trees would be a different matter. That is when this training begins to get serious.
そしてこの時のために用意されたマントラを私たちに教えてくださいました。水は冷たく(8月だというのに)、完璧な集中力を伴いながら何時間もの間、水に打たれながら真言を唱えることが、どれほど難しいことかは容易に予測がつきます。これを1月1日の新年の日に、雪と氷で覆われた岩と木に囲まれてすることを想像できますか?それこそ真剣な修行の始まりだと言えるのでしょう。

Three of us doing the practice - I'm the big one :)
三人のリトリート参加者が滝水に打たれているところ (私は一番大きい人です)


Ty
タイ

 

We made the long hike back to the temple and had an amazing lunch and a bit of a rest. Then had a great yoga class with Noriko-sensei where we worked out any tightness from the hike and then transitioned into my class on sound and meditation.
そしてお寺へ長いこと歩いて戻り、極上の昼食を頂き、少しの休憩時間がありました。そして典子先生によるヨガのクラスがあり、ハイキングで疲れた筋肉をほぐしました。そして私の音と瞑想のクラスへと移っていきました。

Having a great time in Yoga class
ヨガクラスを楽しむ参加者の方々

 

In my class, we focused on looking at our perception of the world and what it is made of. We looked at the particles of sound that weave together the physical matter of which we are made as are the beings surrounding us. We looked at the process of letting go and trusting when in meditation and even did some falling exercises to clarify that feeling. The topic of Nada Yoga and sound are so vast, that we really need a several years course to bring the whole topic to light. But a few days at Kontaiji Temple is a good start!!

私のクラスでは、この世が何で出来上がっているかということに焦点を当てました。「音」を形成している分子について、そしてそれらが共に共鳴し合い、私たちという存在を作り上げ、私たちの周りに存在する物たちを作り上げていることについて話しました。瞑想の中で(恐れなどを)解き放し、ただただ信じるプロセスについて話し、そのプロセスの感情を実際に経験するために、「落ちる」練習もしました。ナダヨガ(音のヨガ)と音そのものについてのトピックはまさに広大で、それらを本当に理解するまでは何年もかかるような気がします。金胎寺での何日間か、このトピックについて考えてみることは良いスタートですね!

Catching a trusting participant
信頼して「落ちる」友人たちを支えているところ

 

And of course, I could not connect to the group and communicate the deeper meanings of what I wish to share without a good translator. I have come to realize, that just because I have a translator, does not mean my message is getting across. If the translator does not have a real understanding of what I am talking about, then they cannot process the real meaning and then translate it into Japanese in a way in which people will get it. It is extra critical when discussing more poetic, spiritual topics. Thus, my heart felt thanks goes off to Kaori Mizuno who was my translator for this years retreat and also happens to be my assistant for Tala Records up in Tokyo. She was nice enough to come down and help me. Thank you Kaori-san!!

そしてもちろん、参加してくださった皆さんと繋がり、私が伝えたいと思っていることを、英語を話さない参加者の方々に分かって頂くことは、有能な通訳者無しでは不可能です。通訳者がいるからと言って、私の言わんとしていることが伝わっているとは限らないということに最近気がつきました。もし通訳をしてくださる方が、私の言わんとしていることを本当に理解していない場合、参加して頂いた方々に、深い部分で理解して頂くことは出来ません。どちらかと言うと詩的でスピリチュアルなトピックについて話しているときは尚更です。なので私の心からの感謝を、今回通訳として参加してくださった水野香織さんに送りたいと思います。彼女はタラレコード(タイのレコード会社)の日本のアシスタントでもあります。わざわざ東京から京都まで来てくれました。香織さん、ありがとう!
 

Kaori Mizuno
水野香織

 

Later that night we had a bit of a tabla class and I got those talented minds practicing some basic tabla strokes. As I have said before, I have never seen minds as focused and ready to learn as the Japanese; young, old, middle, male, female - everyone has been raised with such courtesy, manners, respect and honor and focus, that it appears in all aspects of their lives.
その日の晩には、ミニタブラレッスンが開かれ、タブラの基本のストロークを練習しました。以前にも書いたように、日本人ほど集中力があり、学ぶことに積極的な人たちはいません。若いにしろ、年を召されているにしろ、男性であれ女性であり、皆さん礼儀正しさと、尊敬と信義を重んじる姿勢に囲まれて育ってきているからだと思います。それは彼らの生活の様々な面で垣間見られます。

Teaching tabla to a few participants
何人かの方にタブラの基本のストロークを教えているところ

 

Then we prepared for the evening musical event in one of the beautiful back rooms of the temple. We decided to hold a kirtan chanting evening and invited a singer up from Kyoto named Miyuki-san who had a lovely voice and very devoted spirit.
そしてその晩のコンサートの準備を、お寺のある美しいお部屋にてしました。 今年のリトリートではキルタンをすることにし、京都在住のみゆきさんをお招きしました。美しい声を持ち、キルタンを心から愛している方でした。

Miyuki-san and Ty
みゆきさんとタイ

 

The evening went wonderfully and many of the participants had never sung at a kirtan before. So it was a new and fun experience for all. We sang by candle light and talked about sound and spiritual practice throughout the evening. It was a wonderful end to our second night at Kontaiji.
その晩のキルタンはスムーズに行われ、参加者の中には一度もキルタンに参加したことがない方も多くいらっしゃいましたので、その方たちにとっては新しい経験となりました。ろうそくの灯りに囲まれ、音とスピリチュアルな生き方について話しあいました。金胎寺での第二夜を心地よく締めくくってくれました。

Preparing some material for the nights kirtan chant
キラタンが始まる前に準備をしているところ
 


The following day was packed with special events. A couple of my favorite foods on the planet are umeboshi plums and macha tea. I am one of those weird non-Japanese guys who like those type of things :) So we made some special sweets from scratch in the morning which involved crushing raisans with nuts and butter etc... and then creating little balls and rolling them in Macha tea powder or coconut. WOW, those were quite the power house punch for those of us who have a sweet tooth.

その翌日は特別なイベントで詰まった日となりました。私の、この惑星に存在する食べ物の中でも(大げさですが)大好きなのが、梅干しと抹茶です。私、ちょっと変わった「外人」ですね。 (英語では書かれていませんが、タイは納豆も好きです。)特別なお菓子を最初から手作りしましたよ。レーズンやナッツをまずは砕きまして・・・。そして団子にして。ワーオ!甘いものが好きな人にはかなりパンチの効くお菓子です(とても満足する甘さです)。
 

Beautiful Obubu Matcha Tea Powder
おぶぶ茶苑の抹茶


They gave me the hard job of crushing stuff -
See that big smile she is giving once I started sweating!!
 色々なものを砕く作業は私に任されました。
汗をかき始めた私を見て笑っている方


Ready for eating !!!!
さぁ、食べましょう!

 

Our final lunch together was out doors and we prepared it together and served it together. We were like a bunch of kids on summer camp by this point and as you know, food made with love and joy simply tastes better.
最後の昼食は野外で食べました。皆で作り、皆で用意しました。まるで夏のキャンプです飯盒炊飯をしている子供たちみたいでした。みんなでわいわいと楽しみながら、愛を込めてつくる料理は自動的に美味なものとなりますね。

Serving lunch with some of the crew
さぁ、食べましょう。


Eating lunch in the court yard
中庭で食べているところ

 

Now, I want to give a special thank you to Kaori Matsumoto (Obubu Tea Manager) who was the main force behind making this retreat run smoothly. Last year it was Matsumoto-san running the show and this year it was Kaori-san. Those of you who have produced events before, know how difficult it is to hold together a tight event when many people and schedules are involved. Well, she did an amazing job and everything flowed so smoothly. It is the sign of a successful management when you don't notice all the work holding together an event or business (which we all know is a lot). So thank you to Kaori-san, we appreciate you very much !!!!!
そして松本かおりさん(松本靖治さんの奥さん)に感謝の気持ちを表したいと思います。このリトリートがスムーズに運営されるよう、舞台裏から支えていてくれたのが彼女です。昨年は靖治さんが主に仕切っておりましたが、今年はかおりさんがしっかりとその役目を果たしておりました。イベントを企画・運営されたことがある人はよく分かると思いますが、沢山の人が参加し、色々なスケジュールが詰まっている場合、イベント自体をしっかりと抜け目無く運営するのがどれだけ難しいことか。かおりさんが素晴らしい仕事ぶりを発揮してくださったおかげで、リトリートは何の滞りもなく進むことが出来ました。影から支えるイベントの柱にあまり気がつかないというのは、そのイベントの成功を物語っています。かおりさん、本当にありがとうございました。

Kaori-san enjoying some lunch, finally - 
It is often the hardest workers who eat last
やっと座って昼食を食べているかおりさん
最後に食べている人は一番よく働いている人です

 

Following lunch, we had a closing ceremony which had many of us in tears of joy to have spent such time together.  In three short days we had become such a loving family and connected in ways that seem much deeper than the amount of time might allow. So much gratitude to Kontaiji Temple and Obubu Tea for welcoming us all and providing such a rich and intimate time together.
その昼食の後、リトリートを締めくくるセレモニーがありました。とても中身の濃い数日間を一緒に過ごした仲間とともに涙する方々もいらっしゃいました。短い間でしたが、参加して頂いた皆さんと「家族」になり、時間を越えて深く繋がれたように感じます。このような素晴らしい機会を与えてくださった金胎寺とおぶぶ茶苑に心から感謝申し上げます。

Giving thanks for our time together and
the gift of being alive
一緒に過ごした時間に感謝と生きているということに感謝

 

Our lives go on and on during these busy times where finances are tight and time seems short. When do we get a break to just take time for our "ease of heart" and for our minds to wonder into greater horizons? It is simply not built into the jobs we have and the lives we lead. So these types of retreats mean a great deal in a deeper sense. The teachings and the place are important to consider, but even more important, is the gift to oneself to take a moment, put down the heavy load, and stand up straight to view our lives, our hearts and realize that we are being loved into existence every moment.

金銭的に厳しい状況であろうと、時間が足りないように思えようと、時は流れ続けます。いつ私たちの内に平安の時と、目に見えるもの以上の存在に想いを馳せますか?そういった時間は残念ながら私たちの普段の生活に自動的には用意されていません。なのでこのようなリトリートに意図的に参加出来ることは貴重なことと思います。 受ける教えや場所は大切ですが、それよりも大切なのは、胸につかえているものを一旦下ろし、私たちの人生と心を改めて見つめ直し、いついかなるときも私たちは愛されているのだということを感じる時間を、自分自身にプレゼントすることではないでしょうか。
 


 

Now I'm off to meet up with Shubhendra in Kyoto to begin our Japan tour.  Can't wait!!!

Much love and new horizons to you,
Ty


これから京都でシュベンドラと落ち合い、彼と日本ツアーを始めます。待ち遠しいです!
沢山の愛と新しい地平線があなたに訪れますように
タイ